秋本番マダイ大型混じり好調です!(^^)! 青物の気配も出てきましたね。シーバスランカーシーズン突入(⌒‐⌒)

タックル紹介(タチウオ)


タチウオ科
大陸棚の砂泥底にすむ。
分布:南日本;全世界の亜熱帯・温帯域
幽霊のような魚。神出鬼没。タチウオは、その姿が太刀に似ていることから言われてもいますが、別にその泳ぎ方が水中で立って泳いでいることからも言われています。タチウオは、ジギングの楽しさを体験する上でもジギング自身を練習する上でも入りやすい魚種です。しかし、神出鬼没な幽霊と言われているようにめまぐるしくタナが変わり、狙うタナやジグのチョイスにテクニックと色々と考えさせられ、練習と同時に勉強にもなります。オフショアジギングを学ぶには絶好です。
タックル
タチウオ専用のタックルは、あまり存在していませんが、ロッドにしてもルアーにしても、シーバスのジギングに用いているライトジギングロッドが流用できます。
100m近い水深のポイントを攻めるのでリールはそれなりのキャパを必要とするでしょう。
タックル ロッド リール ライン
ベイト 5.5ft~6.5ft 150m以上 ライン :PE1.号~1.5号
リーダー:フロロカーボン30~40LB3.0m
アシストフックについて
タチウオは、歯が鋭くケブラー等の素材によるアシスト・フックでは、切られる危険性もあります。
次のようなアシストフック(フロントフック)を使うとよいでしょう。
最近では、サワラやタチウオのように歯の鋭い魚用のアシストフックもメーカーから発売されています、それらを使うのもよいでしょう。
フロントに使うフックはトリプルの4番~6番です。
リアフックに2番~4番を付けると良いでしょう。